事例06都心部への事業進出を実現

ホテル賃貸業を営むZ社の課題

郊外にてホテル賃貸業を営むZ社は、都心部でホテルを保有したいと考えていました。しかし、ホテル運営会社とのつながりがなく、経営条件の見込みに大きな不安を抱いていました。

課題01

ホテル運営会社とのつながりがない
地方から都心へ進出するにあたり、リーシングをはじめゼロベースでの開拓に不安を感じている。

課題02

経営条件の見込みに不安がある
安定した収益モデルを確立したいが、そのノウハウが不足している。

課題03

どうすればリスクを最小限に抑えられるか?
長期計画で事業を進めるにあたり、さまざまなリスクに対応する仕組みが不可欠。

ANAファシリティーズのソリューション

パススルー型サブリース業務の提案

マスターリース型サブリースと比較検討した結果、アップサイド収益の確保による事業収益の効果があるパススルー型サブリースを提案。東京進出を望む地方のホテル運営会社を紹介し、事業リスクの最小化とSPCスキームの提案、当該SPCに対する先取特権の設定によって運営会社に対するリスク回避を実現するビジネスモデルを提案しました。

ANAファシリティーズなら、ワンストップで解決!

  • 東京進出を望んでいたホテル運営会社を紹介し、具体的にプロジェクトを始動!
  • アセットマネジメントにより運営状況を正確に把握。事業リスクの極小化を支援!
  • SPC組成と先取特権の設定によって運営会社に対するリスクを回避!

関連サービス

コンサルティング
不動産投資・
土地有効活用・
資産運用
マネジメント・
建築請負

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6625-8224

受付時間 9:30~18:00(平日)

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

担当部署:ANAファシリティーズ株式会社  
不動産事業部